サプリメントって本当にいいの?基礎知識と注意点

病気を治す目的の薬ではありませんがサプリメントが健康に不可欠な理由

日常の食事で必要な栄養素を全て補うのは現実的に不可能

セサミンの効能と飲み合わせについて

セサミンはガンや動脈硬化を引き起こし老化を早めたりする「活性酸素」の動きを封じ込める効能があります。
日頃から体を動かす習慣は大切ですがそれにはセサミンが必要である事実を以下に記述いたします。
セサミンの特徴としてはエネルギー源のグリコーゲンを作り蓄え身体を構成する脂肪やタンパク質やアミノ酸などを合成しかつ、分解し、かつ有毒物質の解毒等の働きを成す肝臓の機能を健常化させる効能があることです。
激しい運動を行った後には前記した有害な「活性酸素」が多量に発生いたしますが、運動を行う前に、予めセサミンを摂取していた場合「活性酸素」の発生を三分の一に抑える事がかのうであったデータもございます。
よって毎日永続的にジョギング等を行っておる人々にはセサミンの摂取が推奨されます。

セサミンと降圧薬

セサミンと「血圧を下げる『降圧薬』と併用する事はかなり危険なリスクが発生いたします。
その該当する『降圧薬』の種類ですが「ロサルタンカリウム」や「フロセミド」や「アムロジピンベシル酸塩」や「カプトプリル」や「ジルチアゼム塩酸塩」や「エナラプリルマレイン酸塩」や「ロサルタンカリウム」や「ヒドロクロロチアジ」等多数あります。
セサミンは成長ホルモンの分泌を促したり免疫力を高めたり血液をサラサラにする効能がございます。
その一方で、セサミンと降圧薬とを併用してしまうと血圧を低下させてしまう危険性があります。
つまり、セサミンそのものに血圧を低下させる作用があるのです。

降圧薬と同時に摂取してしまう事で血圧が著しく低下し、ふら付きを伴う眩暈を発症させ、場合によっては起立しておる状態が困難になり転倒してしまう可能性もございます。


この記事をシェアする